RC住宅の費用面

RC住宅は値段が高い、建売りでも木造のほうが理想に近い、という方も昔は多かったものですが、最近はそうでもなくなりました。素材や工法についても進歩し、今では木造並みの費用で優れたデザイン性をもつRCのよさを手に入れることができる時代です。
もちろん建築以外のコストも気になります。大事なのはまず保険料ですが、鉄筋コンクリートということから地震にも火災にも強く、その分被害も少ないため保険料は低く維持できます。具体的には木造の場合の3分の1レベルですから、払うほどに安くなり、もちろん老朽化もゼロではありませんが後々高くなることも考えにくいと言えます。

他の維持費、メンテナンスについてもコーキング、外壁工事、屋根の塗装などを含めて頻度はかなり低下します。外壁の防水工事が25年に1度程度、木造であれば15年に1度は必須です。

もう1つ気になることとして分譲マンションとの違いがあります。同じRC構造で、レイアウトもよく住みやすい物件は最近特に増えていますが、マンションの場合は管理費や修繕費、駐車場、これらは毎月ずっと支払わなければならず、10年単位で計算しても300万円は下らないと試算可能です。

また資産価値の面でも戸建ては土地所有者として土地の値段分を保て、建築物の耐久性の高さから30年経過しても中古市場では高値で販売することが可能です。マンションの場合は区分所有権となり、年数が経って老朽化すれば資産価値も大きな目減りとなるのが常です。

RC住宅をしっかり建てたい方に!相談も幅広く対応するこの会社がお勧めです!

最新記事

  • thumbnail

    RC住宅は値段が高い、建売りでも木造のほうが理想に近い、という方も昔は多かったものですが、最近はそうでもなくな …

    RC住宅の費用面

    • facebook
    • twitter
    • はてなブックマーク
    • googleプラス